まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

実は多くの人がヒアリングは出来ている?!

ところで、ネイティブがナチュラルスピードで話しているような英語、つまり洋画や海外ドラマなどを除いて、通常のリスニングCDレベルであるならば、実は、多くの日本人がかなり音を聞きとることができています。

雑音から音を聞き分けて、それぞれの音がどのような単語や文の塊なのかを認識する事を「音声知覚」といいます。

実はTOEICやセンター試験のリスニング等、リスニング用の音声が聞き取れないというのは、「音声知覚」は出来ているのに、意味の把握ができないために、聞きとりが不十分になってしまうというケースが非常に多いです。

そのため、いくらリスニングのトレーニングを積んでも、一向に英語の成績が上がらないということが起こるのです。

とにかく、ヒアリングが苦手という人の中のかなりの割合の人は、実は「意味の把握」が不十分なのです。

ヒアリングでは、リーディングのように何度も繰り返し読むことはできませんし、自分でスピードのコントロールも出来ません。

つまり、相手がしゃべるスピードに合わせて、安定的なスピードで意味の処理ができなければ、途中で意味がわからなくなり、その意味解析をじっくり考えている間に次の音を拾うのが間に合わないとなってしまうのです。

「そんなこと言ったって、意味の解析は十分に出来ているよ!」

とあなたは思っているかもしれませんね?

もしあなたが、センター試験やTOEICの長文問題の文章を、日本語を読むのと同じレベルで声を出して読みながら意味を完全に把握できているとしたら、あなたの問題は「音声知覚」です。つまり、純粋にヒアリングのほうの問題です。

しかし、もし、日本語と同じスピードで文章を読んで意味を理解できないのだとすれば、それは意味理解の方に問題があります。まずはそこから改善する必要があるでしょう。

逆に、意味理解の方を改善せずに、ヒアリング訓練ばかりやっていても、リスニングの点数は中々上がらないでしょう。

さて、以降ではいかに英語の意味理解の能力を上げるかをまず取り上げ、その後に、いかに音声知覚の能力を上げるかを説明していきます。

私自身もそうでしたが、ヒアリングを向上させたいと思う人の多くは、音声知覚の改善に取り組んでしまいがちです。

しかし、意味理解の改善をするだけで、驚くほどヒアリングの成績が上がるものです。だからこそ、面倒だと思っても、最初は意味理解の方から読み進めてみてください。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。