まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

英語ができるとはどういうことか? その2

前のページでは、英語上級者と英語初級者の文章処理の違い、特に長くて複雑な文章処理の方法が異なっていることを解説しました。

この違いはどういうことなのでしょうか?

それを1言で言えば、英語上級者は英語の文章全般を「日本語」と同じような感覚で処理できているのです。

片や英語初級者や中級者は英語の文章全般を「暗号」のように処理しているのです。

もう少し詳しく説明すると、英語上級者は英語の文章を処理する際に、いちいち単語や文法などを意識して処理していないのです。

例えば、どこに主語や動詞があって、とか、どの文型で、目的語はどこでとか、不定詞は何用法でとか、itはどんな意味でとか。

でも、だからといって、これらを無視しているわけではありません。これらを踏まえたうえで、これらを意識せずに処理しているのです。

例えば、あなたが日本語の文章を理解している時のことを考えてみましょう。ちょっと複雑で難しい文章です。

「昨今ますます国際化が進展する中で、書店の中の英語学習書籍のコーナーは年々冊数を増やしている。英語学習法もまさに様々な方法が考えだされており、読解を中心としたものから、リスニングを中心としたもの、また、話すことを重視して英語を学習するようなものまである。しかし、実際はこれら全てが効果的かどうかは分からない。どの学習法にどの程度効果があるかはやってみるまでわからないのである。」

これは私がいま思いついた文章なのですが、この文章を意味理解のプロセスに意識しながら読んでください。特に英語の文章を理解するときとの違いを意識してください。

あなたはこの文章を読む時に文法や文章の構造を意識しましたか?どれが主語でどれが述語化を意識しましたか?単語の意味を深く考えましたか?指示語(これ)が何を指すか考えましたか?

おそらく、いずれもやっていないでしょう。文の構造や単語の意味を考えるということを全くしなかったでしょう。

でも、だからといって、日本語を読んだり聞いたりする時、私たちは文の文法や単語の意味を全く無視しているわけではありません。

例えば、上記の文を

「書店を中に英語学習書籍にコーナーの年々冊数は増やさといです。」

「増やしている年々冊数を書店の中の英語学習書籍のコーナーは。」

のように、文法を変えると、とたんに意味のわからない文章になってしまいますよね。そして、非常に文章に違和感を感じると思います。

このように、私たちは日本語を理解する際、文法や単語などを一切意識していないにもかかわらず、文章の構造や意味を正しく正確に把握する事が出来ています。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。