まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

英語を日本語のように理解できるために必要な事 その2

ネット上から、無料のタイピングソフトをダウンロードし、そのタイピングソフトで学習する事に決めました。

私が見つけたソフトは、正しい手の配置から、それぞれの指を使ったタイピングの練習、さらに早くタイピングをするための練習までが行えるという、無料にしては非常に良くできたタイピングソフトでした。

タイピングを習得するときには誰もがするように、私もタイピングを打つ際の正しい手の配置から覚えました。

まずは、FとJにそれぞれの人差し指をおいて、Iは右手の中指、Wは左手の薬指、のように。

そして、それを一通り覚えた後は、いよいよ実践です。画面に出てくる文字を正しい指で打つのです。

これには相当苦戦しました。頭では覚えているのに、いざ画面に「I」が出ても、中々右手の人差指で打つ事ができないのです。

画面に文字が出てくるたびに、「あぁ!この文字はどの指だっけなぁ?キーボードのどの位置に会ったんだっけなぁ?」なんてことを意識的に考えながらやっていました。

慣れてくると、KやDなどの文字は考えなくても打てるようになってきたのですが、CやPなどのあまり使わない文字は中々スムーズにはいきません。

その後、早く文字が打てる練習に移り、画面に出てくる文字を正しい指で打っていくのですが、これも慣れるまでは中々うまくできません。

JやKやLのように1つの文字なら、そこそこうまくできるようになったのに、複数の文字になると、中々スムーズに打てません。「どの指でどのキーだっけ?」ということを意識的に考える必要が度々でてきました。

しかし、練習を繰り返していくうちに、そのように考える回数も減り、どんどん素早く打てるようになりました。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。