まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

英語学習手順の具体例 その1

前回は、英語のインプット効果を確実に高めてくれるものとして、音読とシャドーイングを紹介させていただきました。

この2つを使いつつも、難易度が比較的平易な英文を繰り返し何度もインプットすれば、比較的短期間で英語の文章処理を無意識化させることができます。

ここまで解説したことをしっかり守って学習すれば、どのような学習スケジュールでもあなたの英語力は確実に上がっていくでしょう。

でも、実際文章をどのくらいやればいいか?音読とシャドーイングの比率が分からないという方のために、ここでは1つの学習例をご紹介しましょう。

ただ、最適な繰り返し回数などはそれぞれの人の英語レベルによっても違いますので、あくまで個々の事例を参考に自分ならではの最適なやり方を見つけ出してください。

さて、では最初に学習する英語文を探すところからなのですが、これについてはここまで解説してきたように、自分のレベルにあった比較的簡単な英語文を探してきてください。

目安としては、辞書などが無くても、おおよその意味が分かるものです。もちろん知らない単語が多少含まれていてもかまいません。しかし、知らない単語が多すぎたり、文章が複雑すぎて、中々意味が把握できないようなものは避けた方がよいです。

少なくとも、訳を見てほとんどの英語文の構造が理解できるくらいのものにしておきましょう。

また、文章の長さですが、小説のようにとても長いものは繰り返し学習ができないので、論外だとして、あまり長い文章というのも繰り返しができないので、避けたほうがよいでしょう。

最初はリスニング用CDで1分程度に収まるものからトライしてみてください。もし適切な長さのものが無ければ、1分程度に区切ってやるのもよいでしょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。