まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

英語学習手順の具体例 その2

それから、リスニングCDについてですが、出来るだけ聞きやすいものを選んでください。特にいきなりナチュラルスピードなどは聞きとりが困難ですので、絶対にリスニング用のCDなど日本人の耳にも無理なく聞こえるものにしてください。

さて、適切な英語文が用意できたら、いよいよ学習を始めていきましょう。

まず最初は英語文の意味の理解の把握からです。一度どのような読み方でも結構ですので、最後まで読んで、しっかり意味を把握してください。分からない箇所は訳や解説を見ても結構です。

ここで、しっかり意味や文の構造が把握できたら、次はパラレルリーディングを行います。

これは、リスニング用のCDを聞きながら、テキストを見て、聞こえてきたままを口に出して繰り返すというものです。

ちょうど音読とリスニングを合体させたようなものですね。

ここでやってほしいのは、正しい英語の音を確認する事です。それにより、音読をする際もできるだけ正しい英語発音ですることが可能になるからです。

もし、音読をする際に間違った英語発音でしてしまったら、正しい英語ヒアリングの練習にはなりません。

もちろん発音が間違っていても、意味理解の方には特に影響はしませんが、どうせだったら、音読をやりつつもヒアリング能力を上げていきたいものです。

それを可能にするためには、正しい英語発音で音読をすることです。

さて、パラレルリーディングで正しい英語発音を確認したら、いよいよ音読です。

ここでの音読の最終目標は、1.日本語と同じくらいの速度で読むこと。2.音読をしつつ同時に英語の意味を英語のまま日本語に訳さずに把握する事です。

つまり、早い速度で音読をしつつも英語の意味をしっかり把握することを同時にできたら、音読はクリアです。

音読が終わったら、最後にシャドーイングに行きます。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。