まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

英語学習手順の具体例 その3

シャドーイングはCDから聞こえてくる音をテキストを見ずにそのまま繰り返します。テキストを見てはだめですよ。聞こえてきたままを繰り返し口に出して復唱するのです。

ここでも最終目標は、完全に正しく発音できる事に加え、復唱しながら全ての英語の意味を英語のまま正しく把握できることです。

この両方を完全にこなすことができたら、ひとまず終了です。

しかし、ここで用意した文章を完全に終わりにしてしまってはだめです。

なぜなら、音読にしろ、シャドーイングにしろ、繰り返しやったために一時的に慣れているだけだからです。

これは私たちの短期記憶に一時的に処理回路ができているだけで、数時間〜数日もすれば忘れてしまいます。

そこで、忘れたころにこの文章にもう一度トライしてみてください。おそらく完全には出来なくなっていると思います。

また、音読とシャドーイングが完璧に出来るように繰り返し、再び時間をおいてチャレンジする。この繰り返しでいくら時間を開けても完全に出来るようであれば、その文章は終了です。

次の文章に行きましょう。

さて、上記のように、音読とシャドーイングを完ぺきにこなすには、多少の時間がかかります。また、1つの文章をきちんと習得するためには、ある程度のブランクも必要になります。

このようなことからも、また、言語学の実験でも証明されているのですが、英語の学習は集中的にやるよりも、分散的に少しずつやる方が効率が良いことが分かっています。

だから、1週間の中で1日だけ集中して何時間もやるよりも、短い時間でも毎日やったほうが、英語が早くできるようになります。

また、ひとつの文章を繰り返し何度も音読したりシャドーイングするのは、正直飽きます。

だから、完全に音読やシャドーイングができなくても、飽きてきたら次の文章に行ったり、英語以外の事をして、モチベーションを維持するのも非常に大事なことでしょう。

英語学習においては、良い学習法で学習すること以上にきちんと継続して学習する事が大事なのです。

特に、ギブアップして学習するのをやめてしまったら、一生英語は出来るようにはなりません。

さて、以上のようにして、いくつもの文章をクリアしていけば、かなり効率よく英語の意味理解の無意識化ができるようになります。

以上で意味理解についての解説は終わりですので、次からはヒアリング能力の向上を書いていくことにしましょう。

なお、シャドーイングを始める前にぜひ発音の知識についてもしっかり知っておいていただきたいので、実際のシャドーイングの訓練に入る前に、ぜひこの続きも読んでください。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。