まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

はたして英語の発音を学ぶことは必要なのか? その1

まずは発音について解説していきます。この発音は、特にネイティブの会話をきちんと聞きとるには非常に大事です。

リスニングテープのクリアでゆっくりな発音ならば、必ずしも発音をやらなくても、その多くを聞き取れるかもしれません。

しかし、後述しますが、ネイティブの発音はスピードが速いのに加え、音の脱落や結合があったり、強勢と弱勢が分かれていたりと、リスニングテープに比べると、明らかに聞きにくいのです。

これは日本人にとってはということで、英語母国語の人たちにとっては十分に聞きやすく話しているのでしょうが。

とにかく、そのように、スピードが速くて、音の変化などもいたるところでするようなネイティブの言葉をリスニングするには、正しい発音を学ぶことが絶対に必要です。

これは文章のシャドーイングを通じて、音声知覚の無意識化を身につける過程でも発音を身につけることはできるでしょう。

しかし、それよりは最初から正しい発音をしっかり学んだうえでシャドーイングをした方が明らかに習得スピードは早いです。

逆に、これをやらないと非常に時間がかかってしまいます。

また、発音をきちんと学ぶことは綺麗な英語を話すことにもつながります。せっかく英語を理解して、ヒアリング力も向上させても、あなたの話す英語が通じなければコミュニケーションは成り立ちません。

さて、英語の発音といえば、LとRの違いが非常に有名ですが、実はこれだけではありません。日本語の発音と英語の発音はラ行の音だけではないのです。

例えば、次の単語を見てください。

Theater, ship, sick.

これをカタカナで表せば、シアター、シップ、シック、となりますね。

だから、日本人には、この「シ」の音が同じだと思っている人が多いことでしょう。

しかし、実はこの「シ」の音はそれぞれ違います。発音記号で確認してみてください。

Theaterは最初の音が縦長の丸の真ん中に横線が入ったもの、shipは非常に縦長のSのような記号、sickはsと同じような記号だったはずです。

これからも分かるように、それぞれの音は実は違うのです。そして、英語ネイティブの人たちにとってはこれらの音は全て違う音なのです。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。