まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

はたして英語の発音を学ぶことは必要なのか? その2

例えばそれは、日本語でいえば、「え」と「へ」くらい違うのです。つまり、Teaterの「シ」を「s」で発音したとすれば、日本語の感覚でいえば「えいがかん」を「へいがかん」と言っているようなものです。

あなたが街中で突然、「すいません、へいがかんはどこですか?」と聞かれてもわからないと思いますが、英語ネイティブの人たちにとってTheaterの「シ」を「s」にするということは、そのような感じに聞こえているということです。

日本語は特に戦後以降、英語の影響を多く受け、いくつもの外来語を日本語のように使っています。ほとんどの人は「葡萄酒」ではなく、「ワイン」といいますし、それを飲む容器のことを「ワイングラス」と言いますし、洋式の寝具は「ベッド」と呼びますよね。

このように、日常から英語をカタカナで表す癖がついてしまっていますが、本来の英語の音は日本語の音には無い音です。

LとR、bとV、sとthなどは代表的な例ですが、これらだけでなく、ほとんど全ての音は英語と日本語では違います。

例えば、America はアメリカですが、最初のaの音とアの音は全然違います。最初のaはあいまいなアの音で、「アともエともオともとれるような音です。」

でも、日本語でアメリカと発音した場合は、アはアとしか聞き取りようがない音ですよね。

ちなみに、Americaの最初のaは最後のaと同じ音です。さらにはAmericaの最初と最後のaはanimalの真ん中のiとも同じ発音なのです。

カタカナにするとアニマルですが、「ニ」の音と実際のanimalのniの音は全然違うということは分かっていただけたでしょうか?

このように、英語と日本語ではあらゆる音が違います。さらに、日本語と英語の子音や母音の数も違います。英語の方が日本語よりもどちらも倍ほどあるのです。

ですから、英語の音をしっかりと学ぼうと思ったら、英語の正しい音を学ぶ必要があります。

日本語の音を何となく英語風にしていたのでは、いつまでたっても英語リスニングもできませんし、スピーキングも「日本語英語」の域を脱せなくなります。

さて、発音の学習においては、書店にいくつも発音に関する本が売っているので、そちらで練習するので良いでしょう。

特に、日本人のための英語発音完全教本 非常に良い本です。

また、さらに楽しみながら、完全に発音をものにしたいという人には、YouCanSpeakα もオススメです。

こちらは発音学習に加え、日本人には似て聞こえる発音の聞き分けや、さらに英語の音変化(省エネ発音など)も同時に学習でき、これ1つで発音の色々なことを幅広くゲーム感覚で学習できる非常に良い教材です。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。