まずこちらからお読みください。

注意!! 間違ったヒアリング学習法では4年間英語を聞き続けても英語は聞こえるようにはなりません。私自信が身をもって経験しました。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、多くの人が間違えている英語ヒアリングの学習法はコチラ

英語発音の弱形と強形

前回はまでは英語の発音について、日本語の発音との違いを中心に解説してきました。ここまで読んでいただいたのなら、英語の発音の大事さを理解していただき、きちんと学習していただけると思います。

ここからは、個別の発音以外にぜひ知っておいていただきたい英語の音の変化について解説していきます。

ここからの部分については、多くが発音を完璧にすれば難なく聞きこなせるものばかりだと思いますが、知らないと「なんでそんな音になるの?」という風に思ってしまうかもしれないので、解説に加えました。

さて、まず解説したいのが、英語の弱形と強形についてです。

日本語でも、例えば、「昨日駅から歩いてたら、急に雨が降ってきてずぶ濡れになったよ。」という文を発音するとき、一語一語同じ調子で発音するでしょうか?

そんな機械みたいなしゃべり方しないですよね。強調したいところは強めに発音するだろうし、どうでもいいところはあまり強くは発音しないと思います。

また、名詞や動詞などは比較的強く発音するでしょうが、特に助詞などはあまり強くは発音しないと思います。

このように、日本語においても、単語や品詞によって強く発音したりしなかったりがありますが、英語でも同じことが言えます。

いえ、同じというよりも、英語の方がさらにこの単語ごとの強弱がはっきりします。

これはどの語を強調するかにもよるので、全てが同じではないのですが、一般的に英語は動詞や固有名詞、形容詞や副詞等を強く発音し、代名詞や前置詞、冠詞、接続詞等は弱く発音する傾向にあります。

前者の品詞群は内容語、後者の品詞群は機能語と等と呼ばれているのですが、名前はどうあれ、この弱く発音する部類の品詞は、リスニングにおいてはしばしば英語学習者を苦しめます。

なぜなら、ただですら聞きづらい英語の発音が、さらに弱くなるのですから。

さらに、英語のリスニングが困難な点はこれだけではありません。じつは、これら機能語のうち、一部の単語は弱い発音になると、音自体が変わってしまう単語があるのです。

例えば、代名詞のheを例にとりましょう。これなどは学校では読み方を「ヒー」としか教わっていないと思います。(発音記号はhとiの横に上下の三角が付いたもの)

しかし、heを「ヒー」と発音するのは、heがはっきり発音されたときだけです。弱い発音では、「ヒー」が「イー」になります。

このような変化が代名詞や前置詞などで起こるのです。しかも色々な語で。例えば、themは弱形では「エム」になりますし、himは「イム」、herは「アー」になったりします。

また前置詞では、forは「ファ」、ofは「ァ」になったりします。(必ず正しい発音記号で確認してください)

さて、この代名詞や前置詞などの通常の発音、つまり私たちが学校などで習っているようなはっきりとした発音を「強形」、上記の「イー」のような弱って変化した発音を「弱形」といいます。

この弱形の発音については、しっかり覚えておかないと、代名詞などはとくに聞き洩らしてしまう可能性があります。

では、どのように覚えればいいのでしょうか?

実は、このような弱形については、辞書にも載っています。発音記号のところにm「強」と「弱」2つの表記があったら、それは強が強形で弱が弱形を表しています。

単語によっては、3つ書かれているものもありますが、それは弱形にも色々な発音があるということです。

前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。