英語ヒアリング究極の勉強法

英語の習得、特に英語リスニングの習得には、通常非常に多くの時間と多大な苦労が伴います。かなりの時間を割いて色々なリスニング音源を聞くことになるでしょう。

しかしながら、このような過酷なリスニング学習をさらに過酷にするような事実があります。

それは、このようにして長い時間をリスニング学習に割いても、決して必ずしもリスニングができるようにはならないということです。

実は私は過去に4年間リスニングを中心に毎日1時間以上英語の勉強をしていた時期がありました。

しかも、英語のラジオを聞いたり、洋画のDVDで学習したり、リスニングのテキストを使って勉強したり、英会話スクールに通ったりとあらゆる学習方法で英語を勉強していたのです。

ところが、4年たっても結局リスニングは出来るようにはなりませんでした。洋画のセリフが字幕なしで聞けるなんてところまでは遠く及ばず、ちょっとしたリスニングCDですらきちんと把握する事ができませんでした。

その後は正しい学習法でしっかりと英語を習得し、その方法を活用して、1年間でスペイン語も習得する事ができました。

しかし、当時はなぜ、4年間も英語を勉強しながら、リスニングCDをしっかり聞きこなすことすら出来なかったのでしょうか?

英語の習得には4年間以上かかるということでしょうか?それとも何か私の学習方法に誤りがあったのでしょうか?

答えは後者です。英語の学習方法を大きく間違えていたのです。

実は、英語の習得、特に英語のリスニング習得には非常に大事なポイントがあります。このポイントを外していくら英語の音声を聞いても、英語がきちんと聞こえるようにはなりません。

では、そのポイントとは何なのでしょうか?

実は、英語が聞こえない人、リスニングが出来ない人のほとんどは、英語がきちんと聞こえていないのではなくて、英語の意味を瞬時にしっかり把握できていないのです。

でも、英語の意味を瞬時に、正確に把握できていないと、英語の音を聞きとるほうに注意をむけられないため、英語が聞こえないように感じてしまいます。

しかし、それは英語が聞こえていないのではなくて、英語の意味を考えている一瞬の間に、その先の言葉を聞き洩らしてしまっているのです。

特にリスニングテストなどの音源は日本人の耳にも聞こえやすく作られているので、あの音声が聞こえないという場合は、ほぼ間違いなくリスニングの意味把握に問題があります。

リスニングの意味把握は文章の意味把握よりも格段に難しくなります。なぜなら、読み返すこともできないし、一瞬の間に意味を把握しないと何を聞いたかも思い出せなくなってしまいます。当然次の会話も聞き洩らしてしまいます。

つまり、リーディングであればどれだけ時間をかけても最終的に意味が分かればいいのですが、リスニングの場合は、かえり読みせずに一瞬の間に英語の意味を把握する必要があるのです。

「そんなことは出来ているけど、英語の音が聞こえないんだ!」という人、試しに、以下の文章を一切かえり読みすることなく、日本語と同じスピードで声に出して読んでみてください。もちろん、読みながら意味を把握する事を忘れないでくださいね。

The Sobakawa Cloud Pillow is like sleeping on a virtual sea of clouds. Based on traditional Asian buckwheat pillows, the Sobakawa Cloud Pillow is filled with over 10 million air beads to softly cushion your head.

The Sobakawa Cloud Pillow is crescent-shaped to follow the contours of your neck and shoulders. As you move, 10 million air beads move with you and absorb your movement, maintaining both comfort and support. Unlike ordinary pillows that are hard and flat like bricks.

上記の文章は海外の通販サイトAS SEEN ON TV.COMのThe Sobakawa Cloud pillowという商品の説明から引用しました。

この文章は通販商品の解説文章です。通販商品の解説は商品を売るために、万人が理解できるようにできています。ですから、英語の文章レベルで言えば、かなり簡単な部類に入ります。

いかがだったでしょうか?一発で日本語と同じ早さで意味を把握する事ができたでしょうか?

もし出来たのならば、英語を聞きとる耳のほうに問題があります。当サイト内には英語耳についてのページもあるので、そこを参照してみてください。

とてもじゃないけど、日本語レベルのスピードで声を出しながら読んでも理解できなかったよという人は、英語の理解力が不足しています。

この先を読んで、手っ取り早く英語の理解力を上げる練習をしましょう。

さて、英語の理解力が不十分なあなたは、英語の理解力を高めることこそが、リスニング能力を上げることに直結します。

しかしながら、ことはそう単純ではありません。冒頭で解説したように、間違った方法でいくら理解力を上げようとしても、英語の文章を高速で日本語レベルで処理できるようにはなりません。

もっと詳しく言うと、英語のリスニングをしっかりできるようになるためには、

・英語の文章を頭から最後までかえり読みなしで理解できる

・動詞がどことか主語がどことか、文法がどうとか、itはどこを指しているとか、そういった文章の構造分析などは一切意識的にせずに文章を理解できる

・日本語に一切訳さずに英語の意味を完全に理解できる

・日本語を読むのと同じスピードで読んで英語の意味を理解できる

以上4つをクリアしなければいけません。

私は過去に4年間、いくら英語を勉強しても、多くの英語文でこのようなことができるようにはならなかったのです。

その理由は英語を学習するうえではずしてはいけないポイントを外していたからです。

さて、上記の4条件をクリアするためには、何が必要なのでしょうか?そして、私が過去にはずしていたポイントとは?

まず、4条件をクリアするための方法から見ていきましょう。

その方法を解説するためには、私たちが日本語をどのように理解しているかを考えてみましょう。

あなたは英語で文章を理解するためには、英語の文章を分析したり、訳したりする必要がありませんか?

ところが、日本語ではこのようなことをしていないと思います。日本語の文章を読んでいく中で、動詞や主語の位置、修飾語の関係、単語の意味、文法、時制・・・。これらのことは意識していますでしょうか?

おそらく全く考えずに文章を理解できていると思います。では、上記のような文章の根幹を全く無視しても文章を理解できるのでしょうか?いえ、それはありません。

例えば、「できません文章はめちゃくちゃな事がこのような理解する文法的に」のような文法的にめちゃくちゃな文章は理解する事ができませんし、違和感を感じることでしょう。

これは、あなたが日本語の文法を熟知しているし、文章の構造をしっかり把握しながら日本語を読んでいるからなのです。

そして、英語との違いは、その文章構造の理解を意識的にしているか無意識で高速でやっているかの違いだけなのです。

つまり、英語でも日本語のように文章構造などを無意識で把握できるようになれば、高速で読むこともできるし、リスニングでも一発で意味を理解できるようになるのです。

では、どうやったらそのようなことができるのでしょうか?

まず、大前提として、基礎単語や構文、文法等の英語理解に必要な知識を「覚える」必要があります。

しかし、「覚える」だけでは不十分なのです。覚えるだけでやめてしまっては、英語を日本語並に処理する事は永遠に出来ません。

それには、英語の文法や基礎単語、構文や文章構造等の知識全てを「覚えた」うえで、さらに「手続き記憶化」する必要があります。

さて、ではこの手続き記憶とはどういったものなのでしょうか?他の記憶とはどう違うのでしょうか?

記憶でよく知られているのは、「短期記憶」と「長期記憶」です。片やすぐに忘れてしまう記憶で、片や子供のころの記憶や自分の家の住所のように、かなりの長期間覚えていられる記憶ですね。

実は、この長期記憶には色々な種類があります。自分の家の住所やだいぶ昔に流行った歌手の名前などは、長期記憶の中でも「宣言的記憶」と呼ばれる部類のものです。

そして、この宣言的記憶とは異なる種類の長期記憶が手続き記憶なのです。その違いとは何なのでしょうか?

詳しくはウィキペディア等を見てもらうとして、簡単に言うと、

宣言的記憶とは、上記に書いたような知識で、思い出して誰かに説明できるような知識です。昔学校で習った用語や数学の公式などもそうです。

親しい友達の名前もそうだし、かつて長く住んでいた引越前の家の住所などもそうでしょう。要は、「○○とは何ですか?」と聞かれて「×××です」と答えられるような記憶です。

対して、手続き記憶とはいわゆる「体で覚える」と言われるような記憶です。

長期記憶は「言葉」や「イメージ」で覚えている記憶で、思い出す努力をすることによって思い出すことができるのに対し、手続き記憶とは、無意識に覚えているもので、意識しなくても「使いこなせる」記憶なのです。

例えば、自動車の運転方法とか、自転車の乗り方、泳ぎ方やドリブルの仕方、包丁さばき、携帯やゲームコントローラーの操作、パソコンのタイピング等です。

どれも意識して思い出そうとしなくても、体が覚えているようなものですね。実はこれらが手続き記憶と言われているものなのです。

そして、目や耳から情報としては言ってきた英語を、一瞬のうちに処理するためには、英語文章の処理に必要な知識を手続き記憶化する必要があるのです。

これだけでは分かりにくいでしょうから、例を出して説明しましょう。

あなたはパソコンのタイピングは出来ますでしょうか?タイピングとは10本の指を使って、キーボードを見ずに打つ事ができるブラインドタッチのことです。

もしできなければ携帯電話のキー操作として考えていただいても結構です。

さて、パソコンのタイピングを覚えた時のことを思い出してください。タイピングを習得する時には、タイピングソフトなどを使って、最初に必要なことを「覚える」と思います。

キーの配置やどこ指でどのキーを打つかなどですね。「iは右手の中指で打つ」、とか「指の基本ポジションはjとfに人差し指を置くこと」などですね。

これらをしっかり覚えることから始めるでしょう。この時点では、タイピングに関する知識はまだ「宣言的記憶」なのです。

あなたは「タイピングでiを押す時には右手の中指で押す」ということを人には説明できますね。ということは、あなたはタイピングに関する知識が「宣言的記憶」として、覚えられたということになります。

しかし、まだ練習はしていないので、「知っている」だけで「知識の通りにうまくタイピングする事」は出来ないでしょう。

ということは、まだ「手続き記憶」にはなっていないのです。

さて、タイピングに必要な知識を一通り覚えたあなたは、次にタイピングソフトなどを使って、覚えた指配置等で素早くタイプできるように、練習をします。

最初は「キ」を入力したくても、どこにkとiがあるかを思いださなければいけないし、どの指で打つかもいちいち考えなければいけなかったでしょう。

しかし、慣れて来るに従って、考えることも減るし、ミスタイプも減ってくるでしょう。

こうして、繰り返しの練習である程度慣れると、日常生活でのタイプが10本指でのタイピングになってくるので、さらに練習時間が増えて、すぐにスムーズなタイピングができるようになるでしょう。

こうしてタイピングを完全に習得したあなたは、もはやどのキーがどこにあるかなど「意識しないし」、どのキーはどこの指で打つなども「意識しない」でしょう。

さらに、これらのことは意識しなくなったと同時に、最初のころからは考えられないくらい素早くタイピングできるようにはなりませんでしたか?ミスタイプも格段に減りませんでしたか?

これが宣言的記憶から手続き記憶になるということなのです。

携帯でも、最初はどの文字を入力するのに、どのキーを何回打つかとか、どの記号はどこを押すか等を覚えましたね。

そして、最初はそれを思い出しながら、ゆっくりキーを入力していたと思いますが、しばらくすると、どこのキーが何の文字なんてことは考えなくても打てるようになるし、高速でキー入力できるようになったでしょう。

これも、キーの位置や文字入力体系の知識が宣言的記憶から手続き記憶に移行したことによるのです。

さて、タイピングでも携帯の文字入力でもそうですが、宣言記憶から手続き記憶に移行すると、処理のスピードと正確性が明らかに早くなります。

さらに、意識的にやっていたことが、無意識で出来るようになるのです。

これらはまさに初級者と上級者の英語処理の違いですね。つまり、リスニング能力を高めて、一回できちんと聞けるようになるには、英語の文章処理に必要な知識を手続き記憶化する事が必要なのです。

そうでなければ、聞きながら意味を把握するということが、特に長い文章では非常に困難になってしまいます。

では、宣言的記憶のままの英語の単語や文法、構文等の知識をどうすれば手続き記憶に出来るのでしょうか?

それには、パソコンのタイピングと同じように、何度も繰り返し練習をすればいいのです。

ところが、パソコンのタイピングと英語の文章処理は覚える知識量が圧倒的に違います。複雑さも違います。

では、このような英語の文章処理知識を効率よく、スムーズに手続き記憶化するための方法をこれから簡潔に解説していきましょう。

まず、あたりまえですが、「文章」の処理能力に必要な知識全般を手続き記憶化するのですから、練習すべきは「英語の文章処理」ということになります。

このことから、どんなに単語や文法を暗記しても、手続き記憶化には意味が無いことが分かっていただけると思います。

さらに、「自分で文章を作ること」ではなく、「与えられた文章を処理すること」なので、練習すべきはアウトプットではなく、インプットになります。

つまり、文章を読んだり聞いたりして練習する事です。

ここまでは理解していただけましたでしょうか?あなたが注力するべきは文章を読んだり聞いたりする練習です。

さて、とはいえ、ただどのような文章でも単純に読んだり聞いたりすれば、すぐに手続き処理化ができるかと言えば、そうではありません。

やり方によっては非常に時間がかかる場合もありますし、冒頭のようにいつまでたっても全く手続き記憶化に至らないこともあります。

そのようなことが無いように、ここからは手続き記憶化に至るためにはずすことのできない3つのポイントを簡潔に説明していきましょう。

まず1つ目は、文章の難易度です。

あなたが英語処理知識の手続き記憶化のために英語の文章を読んだり聞いたりする際に、その文章の難易度が適切でないと、非常に時間がかかったり、最悪まったくダメな場合があります。

例えば、私はリスニングによる学習を続けていましたが、非常に難しい英語のラジオで学習を行った時には、学習効果はほとんど0でした。

また、受験時代にエッセイのような難易度の高い読解問題を中心に学習していた時も、学習効果は極めて低いものでした。

ところが、ある時から日常会話レベルの比較的簡単な英語を何度も学習するようになってから、かなりの短期間で英語がすらすら理解できるようになったのです。

これは私だけでなく、外国語習得研究の分野でも言われていることですし、多くの英語学習法解説者も言っていることです。

すなわち、英語学習では難しいレベルのものでなく、出来る限り平易なレベルのもので学習する事。自分のレベルにあった教材で学習する事です。

そして、英語の処理知識の手続き記憶化には、とにかく平易な文章で何度も何度も繰り返し学習する必要があります。

タイピングの練習でも最初から長い文章で練習する事は無かったですよね?自動車免許でも最初から高速教習では無くて、場内教習が先です。

スポーツを体で覚える場合も、最初から難易度の高いテクニックではなく、基本から徐々に難易度を上げていきますよね。

それと同じで、英語の処理を体で覚える手続き記憶化も、とにかく平易な文章を何度も何度もしつこいくらいに繰り返し練習する事が大事なのです。

次に、ポイント2です。

英語の文章を漫然と読んだり聞いたりしていても、いつかは手続き記憶化にいたるでしょう。

しかし、それよりもはるかに早く手続き記憶化する方法があります。しかも、この方法は色々な人にも認められ、通訳のトレーニング等にも使われている方法です。

それは、英語の文章を読んだり聞いたりする時に、音読とシャドーイングを取り入れてやることです。

音読とは、声に出しながら文章を読むこと、シャドーイングとは、聞こえてきた英語をテキストを見ずに、そのまま繰り返して声に出すことです。

どちらも共通しているのはインプットした英語をそのまま声に出すというだけのことなのですが、驚くほど効果があります。

これについては色々なところで解説されているので、詳細は省きます。知りたい方はサイト内の他のコンテンツを参照してください。

さて、最後のポイント、3つ目です。

英語の処理知識の手続き記憶化には、あたりまえですが、英語の文章処理に必要な基礎単語の知識、文法の知識、その他構文等の知識を全て覚えて、手続き記憶化する必要があります。

そして、手続き記憶化には、これらの知識が入った文章を何度も何度も繰り返し練習する必要があるのです。

しかし、練習する文章にこれらのことが漏れなく入っていなければどうでしょうか?不十分な知識しか学べないような文章で繰り返し練習したらどうでしょうか?

永遠に英語処理能力に関する知識を手続き記憶化することはできませんね。

逆に、それら知識が効率よく、漏れなく入っている文章で学習するとどうでしょうか?当然ながら、かなり効率的に手続き記憶化ができることでしょう。

つまり、英語文章の処理知識を手続き記憶化するためには、「何で」練習するかが非常に大事になります。

さらに、1つ目のポイントでも言いましたが、あなたのレベルにきちんとあったもので練習する必要があるのです。

簡単すぎてもダメだし、難しすぎてもダメです。

そういった教材を書店などで注意深く探さなければいけないのです。

さらに。これらに加えて、あなたがきちんと継続できるものでなければダメでしょう。

非常に精神的に強い人であるならば、どんなものでもしっかり最後までやりとおせるかもしれませんが、私みたいに飽きっぽいヘタレ人間は、中々長続きさせることができません。

そして、ダイエットでもそうですが、どんな優れた方法でも続けなければ意味が無いのです。

そういった意味でも、これは最も大事なことかもしれませんが、あなたが続けられるような内容の教材、続けられるような工夫がされた教材で学習するのが非常に大事になってきます。

英語の処理知識を手続き記憶化させるためには、非常に多くの文章で、非常に多くの回数繰り返し学習する必要があります。そして、この作業ははっきり言って飽きます。

だからこそ、そのストレスを軽減してくれて、楽しみながら学習できるような、そんなトピックを扱った教材や、楽しめる工夫がしてある教材を選ぶことは非常に大事です。

さて、上記3つの条件を兼ねそろえた教材を書店で探すことも可能かもしれませんが、必要な英語知識を得るためには、数十冊単位で購入する必要があるでしょうし、インチキ教材ではない、質の良い教材を選び出すのも中々難しいと思います。

そこで、上記3つの条件。適切な難易度設定、英語知識の網羅性、英語学習の継続性の3つをしっかりとクリアしたオススメの教材をここでいくつかご紹介いたします。

どれも非常に素晴らしい教材ですので、自信を持ってオススメできます。

あとは、あなたの英語レベルと好みによって選んでみてください。

<オススメ教材 その1>

スピードラーニング

非常に有名な教材なので知らない人はあまりいないかと思います。

この教材は文法や単語をわざわざ覚えなくても、教材をしっかりこなしていくだけで、英語に必要な単語や構文等をしっかりインプットできるように作られています。

本当に良く考えて作られたスクリプト(教材の中の英語文章のこと)は英語に必要な知識が抜けなく漏れなく、しかし非常に効率よく学べるように配置されています。

また、難易度コントロールも絶妙で、初心者から中級者まで広い範囲の学習者が学べるように出来ています。

この教材でしっかり音読とシャドーイングを繰り返せば、かなり短期間で目に見えた成果が出ることでしょう。

前半のスクリプトが日常生活をもとにしているのも、実践的な英会話を学びたい人には嬉しい配慮ですね。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

<オススメ教材 その2>

スーパーエルマー   

TOEICや大学受験のために英語を学習している人にもってこいなのがこの教材。

アメリカの文化や風習などを解説した文章をもとに教材が構成されているので、受験問題の練習にもなります。

スクリプト自体は、アメリカ政府が作成した、VOAの英語習得者のために作られたコンテンツをもとにしているので、英語習得に必要な語彙や構文がしっかり学べます。

また、なによりこの教材で素晴らしいのは、当サイトで推奨している音読やシャドーイングに非常に適した教材であることです。

教材自体、音読やシャドーイングを実践する事を前提に作られています。

また、通常の150%や200%のスピードで編集されたリスニング音源も収録されていて、これらを使ったハイパースピード理論における学習法を併せて実践すれば、非常に効率よく英語を学習できます。

詳しくは、無料でサンプルをいただけるので、ぜひ応募してみてください。体験リスニングCDが70分以上もついているうえに、TOEICの点数を上げるための効率的な学習方法が書かれた冊子もいただけます。これを無料でもらえるなんてとてもお得です。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

<オススメ教材 その3>

1000時間ヒアリングマラソン

英語教材や書籍の販売で有名なアルクが1983年から販売している非常に歴史のある英語教材です。

他の教材と違うのは、この教材が既に作られたものではなく、毎月新しいものが作られているということです。

ということは、旬の映画やニュースで英語を学習できるというだけでなく、アルクの30年に渡る英語教材販売の経験と毎月のフィードバックで常に教材が改善されているということです。

毎月送られてくる教材には、映画やドラマで英語を学習する項目あり、ニュースでフォーマルな英語を学ぶ項目ありと、多彩なスクリプトで色々な場面で使われる英語を学べます。

また、こういった教材には珍しく、発音の学習項目もあり、英語の基礎力を習得したながら、同時に正しい発音も学ぶことができるという、1度に2度おいしい教材です。

シャドーングや音読を行う際には、正しい発音を学ぶことが非常に大事なのですが、この教材ではそれも併せて行うことができます。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

<英語を聞き取るための教材>

YouCanSpeakα

これまで紹介してきたのは、主に英語の文章理解のための教材です。もしあなたが文章理解がしっかりできて、後は英語の音に慣れるだけだと言うなら、まず真っ先にすべきは英語の発音をしっかり聞き分けられる耳を作ることです。

英語ネイティブの会話をしっかり聞きとるには、英語の正しい発音をしっかり把握し、またネイティブ特有の発音の音変化(省エネ発音など)も把握する必要があります。

そこで、ネイティブの発音をしっかり聞きとるのに必要な発音や音変化を身につけるのにベストな教材がこちらです。

この教材では英語の発音それぞれの音をきっちり学べるだけでなく、似ている音の聞き分けや省エネ発音などの発音の音変化もじっくり学ぶことができます。

しかも、ゲーム形式で練習できるので、楽しみながら出来るうえに単にCDで学習するよりも学習効果は高いでしょう。

さらに、素晴らしいのは、発音を「聞き取る」だけでなく、自ら発音出来るようになるための仕組みもこの教材にはあるのです。

発音に関しては教材の絶対数自体が少ないですが、これは本当に自信を持ってオススメできる教材です。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。